自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症が発熱の原因かも?!

自律神経失調症が発熱の原因かも?!

自律神経失調症の不快症状で発熱を起こす人もいるようです。

その場合、実際に発熱する人もいれば、
発熱を自覚するけれども、実際には平熱であるという人もいるようです。


また、子どもはよく発熱することが多いのですが、
それは、子どもは自律神経がまだ未発達であることが原因だと言われています。

大人であっても、自律神経失調症になってしまうと、
子どものような原因不明の発熱を起こしてしまうようです。

では、このような原因不明の発熱が頻繁に起こる場合、どのように対処するのが良いでしょうか?


一般的には、発熱が起これば解熱剤などで熱を下げるという対処をするでしょう。
たまの発熱であれば、それだけでもいいのかもしれません。

しかし発熱が頻発に起こるようであれば、何かの病気がかくれている可能性があります。
病院を受診して、調べてもらうようにしましょう。


そこで、自律神経失調症だと診断されれば、自律神経失調症の治療をすすめていくこととなります。
治療をすすめていくうちに、頻繁に発熱が起こることもなくなるはずです。

また、早めに自律神経失調症の治療を始めることで、他の症状があらわれるのを防ぐこともできます。

何科の病院にいったらいい?

解熱剤で発熱を抑えても、根本の自律神経失調症を治さなければ、また発熱は起こってしまいます。

では自律神経失調症かもしれないと思ったら、何科を受診したら良いでしょうか?


発熱が気になる場合は一般内科を受診して、自律神経失調症のことも含めて相談することができるでしょう。もしくは、心療内科を受診するのも良いかもしれません。

発熱といった身体的な症状の相談とあわせて、精神面の相談もできますので、
こころとからだの両面のケアが必要な自律神経失調症の治療に向いていると言えます。


自律神経失調症の治療には、薬を使った治療や漢方薬を使った治療、
心理療法やマッサージ、鍼灸など様々なものがあります。

それぞれの病院で治療方針の特徴がありますので、事前に調べると良いかもしれません。



 ← 自律神経失調症の症状 に戻る



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional