自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症を改善するために生活習慣を見直そう!

自律神経失調症の症状は治療できる > 自律神経失調症の改善 > 生活習慣

自律神経失調症を改善するために生活習慣を見直そう!

生活習慣が乱れると、自律神経のバランスを保つことが難しくなるために、
自律神経失調症になりやすい状態となります。

多少の無理であれば、体が本来持っている力によって調整することができますが、
無理が続けば、体への負担が大きくなり、自律神経のバランスが崩れていきます。

自律神経失調症の予防のためにも、また、自律神経失調症になってしまった場合にも、
生活習慣の改善は必ず必要となってきます。


では、どのような生活習慣の改善を行なうのが良いでしょうか?

ひとつには、人間に本来備わっている体内時計に従った生活習慣を送ることが進められています。
そのためには、なるべく夜型生活ではなく、早寝早起きの朝型生活を心がけるようにしましょう。


夜勤などでどうしても生活リズムが狂いがちであるというような場合には、
夜勤のある日の昼間に仮眠を20分ほど取ったり、夜勤が開けて睡眠を取った後、
最初に迎える朝に太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるそうです。

また、仕事などで忙しく、どうしても生活習慣が乱れがちになるような時は、
体が悲鳴を上げないうちに、元の生活習慣に戻すような努力をすることが大切です。

ストレスとうまく付き合う

そして、自律神経失調症とストレスとの関係という点にも、気をつけたいところです。
自律神経失調症になってしまった場合、体や心の調子が悪くなってしまいます。

そのために、なるべくストレスをかけないようにすることは大切です。


しかしながら、ストレスをかけないことを気にし過ぎるがために、
一日中、家の中にこもって、誰とも話さず、寝てばかりいるというような過ごし方は、
自律神経失調症にとっては、逆効果だと言えるようです。

ある程度の良い刺激となるようなストレスは、積極的に取り入れるようにすると良いでしょう。


ストレス解消をしたいという時には、お酒やたばこ、過食、ギャンブルなどで解消するのではなく、
軽く汗をかくような運動を取り入れてみたり、湯船に浸かってみたり、
園芸や陶芸などで土を触ってみたり、緑の多い自然に触れてみたりというような、
体が喜ぶようなことを積極的に行なうと、とても効果的です。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional