自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症の症状は漢方薬で治療できるの?

自律神経失調症の症状は漢方薬で治療できるの?

自律神経失調症の治療として、病院から処方される一般的な薬は、
西洋医学に基づいたものということを、ご存知でしょうか?


日本には、西洋医学以外に、古くから伝わる東洋医学という考え方が存在していました。

その東洋医学の理論にのっとって処方される薬の種類に、漢方薬というものがあります。

我々日本人には、漢方薬は、とても身近な薬かもしれませんね。

西洋医学と東洋医学の考えかたの違い

西洋医学は、主に、身体の臓器を中心に考えます。

例えば、心臓が悪い、肝臓が悪いという表現をしますね。

一方、東洋医学は、身体のある一部分に異常が起きると、
それは身体全体のバランスの崩れだと考えます。


ですので、西洋医学では、その病名に対して、その症状を取り除く薬が用いられます。

一方、東洋医学では、患者の体質を重視して、その病気の元になっている
身体のバランスの崩れを改善する数種類の生薬である漢方薬を用います。


自律神経失調症は自律神経のバランスのが崩れた状態ですので、

漢方薬でかなり症状が改善されたという人も多いようです。

漢方薬の特徴

漢方の副作用はあまり目立たない場合が多いですが、その反面、
効果が出るまでに時間がかかる場合があります。

副作用については、体質の判断を誤った処方の場合には、強く出てしまうことがありますので、
油断は禁物です。

自律神経失調症にはどんな漢方薬を使う?

自律神経失調症の治療によく用いられる漢方薬というのは数種類あります。

注意すべきなのは、自律神経失調症なら誰にでも同じ漢方薬を
用いるわけではないということです。


一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を用いることが、重要です。

ですので、誰かにに効果があった漢方薬だからといって
それが自分にも効果があるとは限りません。

漢方薬を使いたいときは、自己判断しないで、漢方薬の専門家に相談する事をおすすめします。

自律神経失調症の漢方薬は病院でももらえる?

自律神経失調症の漢方薬は病院で処方してもらうことができます。

しかし、病院によっては、扱っていないところもありますので、
事前に相談してみると良いでしょう。

自律神経失調症の漢方薬に保険は適用される?

自律神経失調症の漢方薬は、病院で処方してもらう場合には、保険が適用されますので、
手頃な金額で服用することができます。

ツボを刺激して自律神経失調症の症状を改善する方法とは?




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional