自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症は子どもでもかかる病気?

自律神経失調症は子どもでもかかる病気?

自律神経失調症という病気は大人だけでなく子どももかかるのでしょうか?


実は、自律神経失調症子どもにもある病気だとされています。

なんと乳幼児期からその可能性はあるそうです。


自律神経失調症とは自律神経の調節がうまくいかない病気です。

子どもは特に、自律神経の調節機能が未発達です。

ですから、自律神経失調症子どもがなってしまうと聞いても不思議ではないかもしれません。


また、もともとの体質として、自律神経の調節機能能力が低い子どももいます。

では、どんな体質の場合に、自律神経失調症になりやすいのでしょうか?

自律神経失調症のになりやすい体質とは

赤ちゃんの頃は、よく泣く、すぐに吐く、下痢をしやすいといった症状です。

幼児の頃は、熱がよく出る、乗り物酔いしやすい、眠れないといった症状です。


思春期の頃は、疲れやすい、便秘、立ちくらみ、血圧が低いといった症状が目立つ場合には、
自律神経の調節機能が弱いということが考えられますので、
子ども自律神経失調症を疑ってみる必要があります。


しかし、もともと自律神経の調節能力が低いからといって、あきらめてしまうのは早いです。

子どもの場合は、これからまだまだ成長していきますので、
良い方向へ成長できるように親が心がけていくことが、大切です。


例えば、運動などからだを動かす習慣をつけることも大切です。

自律神経失調症の症状などで、体調がいつも良くない子どもの場合、
いつも家に閉じこもっていることが多いようです。

室内でゲームやテレビ、携帯電話といった電化製品を常にそばに置いていることが多いのです。


子どもは大人よりも、過敏ですので、電磁波など電化製品の悪い影響を強く受けやすです。

一例として、ニュースでもありましたが、あるテレビアニメを見ていて、
その映像の激しい刺激から、けいれん発作を起こしたり、
意識を失ってしまった子どももいました。


また、食事に気をつけるということも忘れずにいたいものです。

最近では、朝ごはんをたべない子どもも多いと言われています。

子どもの頃に朝食を抜いていると、大人になっても朝食を食べないままという人も多く、
そういう人ほど、からだの不調をよく訴えているようです。


子どものときの生活習慣は、将来にまで影響を与えてしまう可能性がありますので、
ぜひとも子どもの頃から、生活習慣の乱れには注意したいものです。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional