自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症で動悸が起こる場合には・・・

自律神経失調症の症状は治療できる > 自律神経失調症の症状 > 動悸

自律神経失調症で動悸が起こる場合には・・・

自律神経失調症の症状のひとつとして、動悸がすることがあります。

動悸は、心筋梗塞や心筋症、弁膜症や不整脈などの心臓の病気が原因である場合と、
発熱や高血圧などが原因で起こる場合があると言われています。


しかしながら、実際、多くの人が経験する動悸というのは、原因不明の動悸がほとんどのようです。

動悸が頻繁に起こるために病院へ行って、検査してもらっても、
特に原因がわからない場合が多いのです。


こうした原因不明の動悸の多くが、実は自律神経失調症から起こる
不快症状のひとつであると考えることができます。

そういった場合には、自律神経失調症の改善をすることが、動悸の改善へとつながります。


自律神経失調症は自律神経のバランスが乱れて起こる病気だとされていますので、
自律神経のバランスを整えることで、動悸を抑えることができるのです。

では、自律神経失調症はどうすれば改善できるのでしょうか?

自律神経失調症の改善には

それには、多くの方法があります。人によって治療期間は異なりますが、
病院では、薬物治療や心理療法やカウンセリングなどを行うことができます。

薬物療法にもいくつかあり、自律神経調整薬、抗不安薬、抗うつ剤、
睡眠薬や漢方薬などを用いる場合もあります。

これらの薬を用いる場合には、必ず医師の処方のもとに薬を選ぶようにします


漢方薬も医師に相談して用いるようにします。

漢方薬はやさしい薬のイメージがありますが、自分の体質にあったものを使わないと、
効果が期待できないばかりか、副作用も大変なものとなりえます。

薬をにあまり使いたくない!という場合

また、その他に、自分でも自律訓練法やマッサージ、生活改善などを行うことができます。

自律神経失調症に効く生活改善の中でも、
最近注目されている方法が、冷え取りという生活改善です。


気付かないうちに体の中心が冷えている場合が多いようで、
その体の冷えが自律神経失調症を含む様々な病気につながると考えます。

ですので、体の冷えを取る生活スタイルに変えることで、病気も治るという考えかたです。

自律神経失調症を改善できたという人の多くは、病院での自律神経失調症の治療と併せて、
自分自身で生活改善を地道に行ったという人が多いようです。

ツボの刺激が自律神経失調症には効果的?




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional