自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症は内科の受診でいいの?

自律神経失調症は内科の受診でいいの?

これは自律神経失調症の症状かもしれないと思ったときに、
どの病院にいったら良いのか迷うかもしれません。

自律神経失調症かもしれないと感じたその症状が、めまいや頭痛など
からだの不快な症状であるならば、内科に行ってみて、問題ないと思います。


また、自律神経失調症かもしれないと感じたその症状が、精神的な不安や落ち込みといった
心身的な症状が強いという場合は、内科でいいのかと迷ってしまいます。

自律神経失調症の場合、精神的な症状の他にも、だるいなどといった
いくつかの身体症状も感じているはずです。


ですので、それらの気になっている身体症状を相談するついでに、
精神的な症状に関しても相談してみると良いでしょう。

精神的な症状も、自律神経失調症であれば内科で治療出来ますので、
気軽に内科で相談しても良いでしょう。


もしくは、内科以外にも、心療内科に行くという方法もあります。

内科と心療内科のどちらに行くか迷ってしまう場合は、
それぞれの病院について、調べてみて決めるといいですね。


ホームページなどを参考にして、どんなお医者さんが
どんな治療方針でやっている病院なのか調べてみましょう。

内科であっても、十分に精神面もフォローしてくれる病院というのもありますので、
自分にあった病院を探したいものです。

改善しない場合はセカンドオピニオンを考えよう

また、一般の内科に長く通院しているけれど、
なかなか改善しないということもあるかもしれません。

そういう場合には、心療内科や他の自律神経失調症に詳しい内科のある病院に、
転院するのもひとつの方法だと思います。


最近では、こういったセカンドオピニオンという意識も広がってきています。

セカンドオピニオンとは、ひとつの病院や医師だけでなく、
複数の病院や医師からの診断や治療を受けるというものです。

セカンドオピニオンの制度を活用することで、誤診を防ぐことができます。


内科の医師に紹介状を書いてもらって、他の病院を受診するというのが一般的です。

しかし、担当医には言い出しづらいという場合には、
自分で病院を探して受診することもできます。


その際には、別の病院を現在受診しているということを、
きちんと新しい病院に伝えるとスムーズに治療が進むでしょう。

現在、服用中の薬などの情報や、いつから通院しているかという情報も大切ですので、

あらかじめメモなどを用意して受診することをおすすめします。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional