自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症の治療に保険は適用される?

自律神経失調症の治療に保険は適用される?

自律神経失調症の治療には、その他の病気と同じように、
国民健康保険や社会保険などの健康保険を利用することが可能です。


ですので治療費は、ほとんどが3割の負担の支払いとなります。

また、医師が必要だと認めれば、薬物治療以外にも、カウンセリングや心理療法や自律訓練法、
マッサージや温熱療法といったものにも保険の適用がなされます。

また、漢方薬による自律神経失調症の治療を行う場合にも、保険が適用されます。

その他の制度の利用①自立支援医療制度

健康保険の3割の治療費負担でも厳しいという場合には、
自立支援医療制度という制度を利用することもできます。


この自立支援医療制度とは健康保険の治療費負担が1割負担になる制度です。

この制度を利用したい場合には、医師の診断書が必要になってきますので、
医師に直接、相談してみると良いでしょう。

その他の制度の利用②傷病手当金

自律神経失調症になってしまった場合、治療を進めていく上で一番大切なことは、
ストレスをため過ぎないようにすることです。

ストレスを抱えすぎると、自律神経失調症の症状が強く出てしまうことがあるからです。


とはいっても、毎日の生活の中にはたくさんのやらなければならない事があり、
じっくり休んでのんびり治療に専念することは難しいと言う人も多いことでしょう。

仕事を休みたいけれど、経済的な必要から休めないという人も少なくないでしょう。

そのようなお金の不安とどのように付き合ったらよいでしょうか?


自律神経失調症によって経済的不安が生じる場合に、国民健康保険や社会保険などの
保険に加入している人なら、一定の要件を満たしていれば、
傷病手当金の制度を利用することができます。

支給額としては、労務不能1日につき、標準報酬日額3分の2の金額が支給されます。


これら傷病手当金は、基本的に休職中にもらうものですが、病気の治療のために
会社を辞めようと考えている場合は、退職後も継続してもらうことが可能ですので、
会社の総務関係の人や社会保険庁などで確認してみましょう。

⇒ - 自律神経失調症で入院することのメリットについて・・・




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional