自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症になったら休職という選択肢も・・・

自律神経失調症になったら休職という選択肢も・・・

自律神経失調症になってしまったら、どんなことに困るでしょう?


まず、自律神経失調症の不快な症状自体も深刻なものでとても苦しく大変です。

そこにさらに、経済的な不安も生まれてくるのではないでしょうか?


自律神経失調症の症状のために精神的に弱っているので、医療費がかさんでしまったり、
仕事を休まないといけなかったりなどで、将来の不安がさらに強くなってしまうかもしれません。

自律神経失調症を治療していくうえで、もっとも重要なポイントは
ストレスといかに上手に付き合えるようになるかということです。


どんなに良い医師や薬と出会ったとしても、ストレスを抱え込んだままでは
なかなか改善しないことでしょう。

ですので、自律神経失調症をとことん治療しようという場合に、
会社を休職するということは、最善の選択となるかもしれません。


また、薬物治療に頼らなくても、休職することによって、自律神経失調症の症状が
かなり落ち着いたという人も多いようです。

ストレス自体をまず少なくして、安心してゆっくりと治療にのぞめるようにしたいものです。

退職するより休職を

自律神経失調症になってしまった場合、会社を辞めてしまいたくなる人も多いかもしれません。

しかし、自律神経失調症は治る病気ですので、すぐに仕事を辞めてしまうのではなく、
いったん休職という形を取ることをおすすめします。


辞めてしまえば、治ったときに、次の就職先を探すのにかなりのエネルギーが必要です。

病み上がりですから、なるだけ、ストレスの少ない状態での再出発でないと、
また自律神経失調症が再発してしまうかもしれないのです。


また、休職という形であれば、ほとんどの企業で、休職期間中も給料が支払われます。

全額支給とはいきませんが、何割かが毎月もらえます。

休職の手続きに必要なもの

休職手続きをするためには、ほとんどの企業で、医師の診断書が必要です。

診断書の様式は、会社が指定するものがある場合と、特に指定がない場合とあります。

ですので、医師に診断書を作成してもらう前に、会社に確認しておくと良いでしょう。

自律神経失調症は保険の適用がきくのか・・・




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional