自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症になった場合の仕事との付き合い方とは!

自律神経失調症と仕事

自律神経失調症になってしまった場合、仕事との付き合い方に関しては
かなり悩むことかもしれません。

◆自律神経失調症の症状が重すぎて、仕事を続けることができない。

◆自律神経失調症の症状が普段は軽いけれど、時々、起き上がれないほど重症化してしまう。

◆今は自律神経失調症の症状は軽いけれど、仕事がかなり負担になっているので、
このままでは倒れてしまいそう。

◆自律神経失調症の治療に専念したいが、仕事をしているのでどうしたらいいか迷ってしまう。


特にこういった悩みは自律神経失調症になってしまった人の多くが抱えてしまう問題だと言えます。

では、こうした仕事と治療の両立を考えるときにヒントとなるポイントを
いくつか考えてみたいと思います。

仕事と治療の両立におけるポイント

まず覚えておきたいポイントは、
病気になるのはあっという間だが、治すのにはかなりの時間がかかる、ということです。

特に自律神経失調症の場合は、かなりの長期戦になってしまうことも多いようです。
ですので、病気になってしまう前の健康管理が重要になってきます。
仕事よりも健康な心と体を優先した方が良いことは言うまでもありません。


また、目の前のことだけにとらわれ過ぎない、ということも大切なポイントです。

目の前の仕事ももちろん大切かもしれませんが、自分の心と体をおろそかにすることで、
結局、目の前の仕事以上のものを失ってしまうかもしれません。


また、自律神経失調症の改善には精神的ストレスが邪魔であるということも頭に入れておきましょう。

仕事をしていれば、嫌でもストレスを抱えやすい環境に身を置いてしまうことになりがちです。
ですので、身の周りの環境を変えてしまうという方法も自律神経失調症の
改善方法のひとつだと言えます。

こういったポイントをヒントにして、今後の仕事との付き合い方をどうするかを
考えてみるとうまくいくかもしれません。

自律神経失調症の為に退職!?

自律神経失調症を理由に退職を考えている人もいるかもしれません。
それもひとつの選択肢だと思います。

しかし、退職するその前に休職という形をいったんとることは可能でしょうか?
もし可能であれば、いきなり退職する前に、休職手続きを行うのが賢明な選択だと言えます。


実際に、自律神経失調症になってしまうと、身体的な不快症状だけでなく、
精神的にも不安になったり、緊張状態になったりして、
いつも通りの正常な選択ができなくなる場合が多いのです。

ですので、いきなり自分だけ退職を決めてしまうのではなく、
家族や友人などに相談するようにしたほうが良いかもしれません

退職を考えるなら休職も選択肢に

自律神経失調症の症状に悩まされてしまい、すぐにでも仕事を辞めてしまいたくなるかもしれません。
しかし、自律神経失調症は改善できる病気です。

改善して、また働こうとおもったときに、新しい職に就くことは、かなりのエネルギーが必要です。
退職ではなく、休職という形にしておけば、再び同じ職場で働くことができます。


もし、以前と同じ職場では、また自律神経失調症が再発してしまうかもしれないという場合には、
違う部署などに変えてもらうという方法もあります。

ですので、自律神経失調症が改善した後にどうするかということは、
改善してから決めるようにすることをオススメします。
病気の最中は治すことだけに集中して、先のことは治ってから決めれるように、
退職ではなく休職にしておくのが良いでしょう。


また、退職した場合、失業保険がもらえますが、
休職しても、収入の何割かを休んでいる間ももらうことができる場合が多いです。
わからない場合には、会社の総務関係の人に聞いてみると良いでしょう。


自律神経失調症の療養中は、自分や今までの生活スタイルを振り返る必要が出てくるかもしれません。
自律神経失調症の治療は、こころのケアも重要になるからです。

その療養期間中に自分と仕事の関係、関わり方などを考えてみることをオススメします。

自律神経失調症はストレスのせいかもしれない?




■その他の関連記事 Pick up!



 ← 自律神経失調症のいろいろ に戻る



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional