自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症と不眠の関係 とは!

自律神経失調症と不眠の関係!

自律神経失調症と不眠には切っても切れない関係があります。

睡眠というのは、自律神経によってうまくコントロールされているといっても過言ではありません。


夜になると、自律神経のうちの副交感神経が優位に働くことで、呼吸が安定し、リラックスし、
徐々に眠る準備へと入ります。

朝になると、自律神経のうちの交感神経が優位に働いて、
からだが戦闘態勢へと切り替わり、すっきりと目が覚めて、一日活動することができます。


ですので、自律神経失調症になってしまうと、この2種類の自律神経のバランスが乱れ、
切り替えがスムーズに行かなくなってしまいます。

そして、不眠症へと進んでいってしまうのです。


もしも、あなたが不眠で悩んでいて、なかなか思うように改善しないということであれば、
病院で自律神経失調症の検査をしてもらうというのも選択肢のひとつかもしれません。

もし自律神経失調症であることがわかれば、その治療をすすめていくことで、
不眠も改善されていくことが多いからです。

朝起きられない

なかなか朝起きられない、寝ても寝た気がしない、朝からすでに疲れている、
こんなふうに感じることはありませんか?

もしかしたら、それは自律神経のバランスが崩れているサインかもしれません。

放っておくと、自律神経失調症からくる様々な症状があらわれてくるかもしれません。

不眠

できるだけ早い段階で、自律神経のバランスを正す為に、
生活習慣の見直しやストレス対策などを取り入れてみることをおすすめします。

朝起きられないのは、からだが悲鳴をあげているサインだと考えると良いかもしれません。


私たちのからだは自律神経が正常に働くことで、健康でいられます。

朝になると、自律神経のうちの交感神経が優位に働いて、
活動的なからだになるよう切り替えてくれます。

そして、夕方になると、自律神経のうち副交感神経が優位に働いて、
からだを休めて修復する準備をはじめます。


自律神経失調症になってしまうと、これらの自律神経の切り替えが
スムーズにいかなくなってしまうのです。

そのため、朝起きられないというような症状が起こってしまうというわけです。

また、自律神経は全身のあらゆる部分の働きと関わっているため、
自律神経失調症の症状はあらゆる場所にあらわれます。


放っておくと、朝起きられないという以外にも、個人差はありますが
頭痛肩こり、だるさ、ほてりなど様々な症状が起こります。

朝起きられないという症状を改善させたい場合には、自律神経失調症を改善させて、
自律神経が正常に活発に働けるようにすることが必要です。


どのようにすれば、自律神経失調症は改善できるのでしょうか?

それは、生活習慣の見直しと改善、ストレス対策などが中心となります。

もちろん、病院での薬などによる治療もありますが、
それでも、生活習慣の見直しと改善、ストレス対策は必要となってくるでしょう。

自律神経失調症は、薬だけではなかなか改善しづらいと言われています。


生活習慣の見直しには、まず自分のそれまでの生活習慣を振り返って、
問題点を見つける作業を行います。

そのためには、医師などの専門家に相談したり、
書籍や資料などで調べたりする必要も出てくるかもしれません。

自分で出来る睡眠対策

病院での自律神経失調症の治療と併せて、自分でもできる対策として、
いろいろと工夫できることはたくさんあります。

あまり知られていない自律神経失調症の睡眠時の対策のひとつが、
寝るときに近くに携帯電話などの電磁波が強いものを置かないという方法です。

携帯

特に頭の近くに携帯電話を置くことは避けた方が良いかもしれません。

携帯電話から出る電磁波を、強い光であると錯覚してしまい、
交感神経が興奮してしまうため、不眠へとつながりやすいようです。


どうして頭の近くは避けたほうが良いかというと、人間は、眉間のあたりに光を感知する
センサーのようなものがあると言われていて、そこに近ければ近いほど、悪影響が及びやすいと言えるからです。

そのセンサーに強い電磁波が当たると、交感神経は興奮しやすくなりますから、
寝るとき以外の日中でも、なるべく携帯電話は頭に近づけ過ぎないほうが良いかもしれません。

今日からでもさっそく試すことができる簡単な自律神経失調症の対策法ですので、
気軽にやってみてください。


あと私が実際に飲んで効果を実感することができたのですが
にんにく玉ゴールドというサプリがあって、とてもいい感じでした。

飲んだ翌日のパッチリ感は衝撃でしたね^^

詳しくはこちらの記事をご覧ください→ 続きを読む


 ← 自律神経失調症の症状 に戻る



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional