自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症で下痢になるのはどうして?

自律神経失調症の症状は治療できる > 自律神経失調症の症状 > 下痢

自律神経失調症で下痢になるのはどうして?

大事な用事の前には緊張してお腹が痛くなり、下痢をしてしまう。
不安なことや悩み事があるときは、下痢をしてしまう。
変なものを食べたわけでもなく、突然下痢をしてしまう。


こういった下痢に関する悩みはなかなか人に相談しにくいことかもしれません。

これらの下痢が発疹や嘔吐を伴ったり、重大な下痢である場合には、
急いで病院で診てもらう必要があります。

腹痛

しかし、たいていの場合は、よくあることとして、市販の下痢止め薬などで自分で対処することが多いかもしれません。

こういった病院へ行くほどでもないけれど、困った下痢の症状というのは、自律神経失調症からきている可能性も考えられます

自律神経失調症と下痢

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経という2種類の自律神経が
バランスを崩してしまった状態のことをいいます。

自律神経失調症になってしまうと、人によっていろんな場所にいろんな症状があらわれます。

微熱めまい頭痛などの症状があり、下痢も症状のひとつに含まれます。


特に、精神的にストレスが強くかかると下痢をするという人は、
緊張しすぎた結果、交感神経が強く働いてしまい、自律神経のバランスが崩れて、
自律神経失調症になったと考えられます。

ですので、自律神経失調症の改善を行うと、下痢の症状も軽くなるというわけです

自律神経失調症の改善方法は?

自律神経失調症に改善方法にはたくさんの方法があります。

自分でできる改善法のひとつで、最近注目されているのが、冷えを取る改善法です。

からだの冷えを取ることで、自律神経失調症の症状を改善しようというものです。

冷え性など冷えを自覚している人はもちろんですが、
自分は冷えていないし、どちらかというと火照っていて暑いという人にもオススメです。


東洋医学の考え方では、ほてりを感じるのは、冷えがかなり深刻化している証拠だそうです。

ですから、火照って暑いという人ほど、冷えを取る方法は効果が高いと言えます

冷え取り改善法は、からだの冷えを取り、からだを冷やさないようにし、
冷えにくいからだを作るという目的で行います。


その他、改善の為に自分でできることは、当サイトでもいろいろ紹介していますので、
自分に合ったものを探して試してみてください。





■その他の関連記事 Pick up

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional