自律神経失調症の症状は治療できる.com

自律神経失調症のカウンセリングによる治療方法とは?

自律神経失調症のカウンセリングによる治療方法とは?

自律神経失調症の不快な症状の背景には、不安や悩み、人間関係のトラブル、
病気に対する恐怖心など、心理的な問題がかかわっている場合がよくあるようです。

そこで心にアプローチするカウンセリングなどの心理療法は、
自律神経失調症の治療として重要な方法であるといえます。

カウンセリングの種類

カウンセリングなどの心理療法には、様々な種類のものがあり、
約40種類ほどあるといわれています。

その中には、健康保険の適用が認められているものとそうでないものがあります。


カウンセリングなどの心理療法のうち、どの方法で治療していくかは、
ケースバイケースだといえます。

その人の自律神経失調症の症状や性格、ライフスタイル、
社会的背景などを考慮したうえで最適の方法が選ばれます。

カウンセリングで大事なこと

カウンセリングなどの自律神経失調症の心理療法のうち、どの療法を受けるにしても、
大切なことは、医師やカウンセラーとの間に強い信頼関係があるかどうか、
また、患者本人が心理療法の必要性を理解し、納得して、積極的に治療を受けているかどうか、
ということです。

カウンセリングの方法

自律神経失調症の心理療法のひとつであるカウンセリングは、1対1の面接方式で行われます。

自律神経失調症カウンセリングには3つのプロセスがあり、
受容、支持、保証の3ステップを踏み、こころを癒していきます。


自律神経失調症になってしまうと、いろいろな不快な症状はがあらわれるのに、
原因がはっきりしないために、人から理解してもらえないことが多く、
不満が募ったり、不安感が強くなりがちです。

ですので、3ステップの最初の受容は大変重要なプロセスとなります。


また、このカウンセリングは、病院以外でも行われることがありますが、
心療内科や精神科で行われる自律神経失調症カウンセリングは、

患者本人が自分で答えを見つけることを目的としているそうです。

医師やカウンセラーはそれを援助するという役割を担当しています。


ですので、よくあるお悩み相談とは少し違っていると考えたほうが良いかもしれません。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional