自律神経失調症の症状は治療できる.com

めまいの原因は自律神経失調症かも!?

自律神経失調症の症状は治療できる > 自律神経失調症の症状 > めまい

めまいの原因は自律神経失調症かも!?

めまいを経験したことってありますか?

軽いめまいであれば、誰でも一度くらいは経験したことがあるかもしれませんね。
めまいというのは、自律神経失調症の症状のひとつでもあるのを、ご存知でしょうか?

自律神経失調症になってしまった人の多くが経験する症状が、めまいです。


そのめまいにも、いくつか種類があります。

代表的なめまいとして、動揺性めまい、回転性めまい、浮動性めまい、立ちくらみ
といったものがあります。


●動揺性めまい
からだがふらふらと揺れている感覚がします。
歩いていても、実際にふらついてしまいます。

●回転性めまい
自分や周囲が回っているような感覚がします。

●浮動性めまい
からだがふわふわ浮いているような感じがします。

●立ちくらみ
立ち上がる瞬間にクラッときたり、長時間立っていると、気分が悪くなります。


これらのようなめまいの原因は、自律神経失調症になったときだけでなく、
その他の病気にかかったときにも、症状がでることがあります。

たとえば、メニエール病や、中耳炎、突発性難聴、小脳梗塞など様々です。

めまいが続くようなら一度検査を!

もしも、自律神経失調症が原因のめまいの場合には、吐き気や冷や汗などを伴うことが多いです。

実際に、めまいをよく経験する人の中で、原因として一番多いのは、
自律神経失調症だと言われています。


とはいっても、自分だけで判断せずに、病院で相談することをおすすめします。

はやめに、病院へ相談することで、自律神経失調症かどうかが発見できます。

自律神経失調症であった場合には、めまい以外の不快な症状を防ぐこともできます。

また、もしも、脳の異常など早急に対応するべき病気が隠れていれば、
早期発見することもできます。

ただのめまいだからと、放っておかずに、早めに検査することが大切です。


自律神経失調症という病気になってしまうと、ひとつの場所にひとつの症状というのではなく、
いろんな場所にいろんな症状が、ひどくなったり軽くなったりといった感じであらわれます。

時には目にあらわれることもあるようです。

自律神経失調症の症状は目にもあらわれる?

自律神経失調症の症状というのは、目にあらわれることもあります。

たとえば、目の疲れ、目のかすみ、目のかゆみ、目の乾き、目がゴロゴロするなどです。

これらの症状は、自律神経のバランスが乱れることから、
目に十分な血液が送られなくなってしまうことが原因で起こるのではないかと考えられています。


ですので、もしこれらのような目の不快症状を改善させたいという場合には、
目だけにアプローチした治療を行っても、その場しのぎにしかなりません。

自律神経失調症の根本的な治療を行うことで、目の不快症状も改善されるでしょう。

しかし、自律神経失調症の根本的な改善には時間がかかりますので、
その間に少しでも目の不快症状を軽減できるような方法をいくつか紹介します。


●目のゴロゴロ

まずは、目がゴロゴロして疲れやすいという人向けの方法です。
この方法は、目のゴロゴロと共に胃のもたれがある人に効果的だと思います。

目のゴロゴロを和らげるには、足のツボを刺激します。

足の裏の真ん中あたりの少しくぼんでいるところを押しまてみましょう。
時間が許す限り、一日何回も押してください。

こうすることで、体全体の熱の流れが整い、目の不快感が和らぐことでしょう。


●目の疲れ

次は、目の疲れに効く方法です。
特にまぶたが重い感覚がする人に効果的です。

まぶたを軽くつまんで、揺らす感じで軽くひっぱります。
上のまぶた周辺と、下のまぶた周辺も行います。

目がすっきりするまで行ってください。
これは、おでこのしわに悩んでいる人にもオススメです。


ツボ押しの他にも、これらのような対症療法はたくさんありますので、
いろいろと調べてみて自分に合ったものを取り入れてみると良いでしょう。

自律神経失調症の症状は、全身のあらゆる場所にあらわれます。
また、自律神経失調症の治療はじっくり続けていく必要があります。


辛い症状に押しつぶされてしまい、あきらめたくなることもあるかもしれません。

そうしたとき、簡単にできる対症療法を知っておけば、心に少しの余裕ができるかもしれません。

自律神経失調症の対策について知っておきましょう!



■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional