自律神経失調症の症状は治療できる.com

間違いやすい自律神経失調症とうつ病との違い

間違いやすい自律神経失調症とうつ病との違い

自律神経失調症の症状は、からだにも心にも様々な不快な症状が現れます。

その症状はほんとうに多岐に渡るものなので、いろんな他の病気と
間違われてしまうことがあります。

その一例として、うつ病が挙げられます。


自律神経失調症とうつ病の違いはどこにあるのでしょうか?

どちらも、ストレスが引き金となって発症するものだとされていますが、その原因として、
自律神経失調症は心で起きるからだの病気であると言われ、
うつ病は脳内神経伝達物質の分泌の異常である病気だとされています。


ですので、自律神経失調症とうつ病とは、症状は似ていたとしても、
まったく異なるものなのです。

そして、うつ病の中でも、特に仮面うつ病と間違われることが多いようです。

うつ病の症状とは

では、仮面うつ病とはどんな病気なのでしょうか?

うつ病と言うと、憂鬱な気分になるイメージですが、仮面うつ病の場合は、
頭痛やめまい、肩こり、のぼせなどのからだの不快症状が表に出て目立ちます。


うつ状態がからだの不快な症状に隠されてしまって、仮面をかぶっているというイメージです。

患者本人も、からだの症状ばかりを訴えることとなるので、
うつ状態が見過ごされてしまうようです。


自律神経失調症とうつ病は、病気の原因が違います。
そのため、治療の進め方も違ってきます。

もしも、あなたが、からだの症状の他にも、憂鬱な気分に悩ませれている場合は、
そのことも、医師に相談するのが良いでしょう。


たとえば、食事や睡眠などの日常生活に変化がないか振り返ってみてください。

食欲が低下してきている、食べても味がせず、砂をかんでいるような感じがする、
などという人もいます。


また、眠れない、何度も目が覚めるということもあるようです。
また、仕事や家事などへの意欲の低下が続いたりします。
また、意欲低下以外にも、能率が悪くなることが多いようです。


がんばろうとしても、空回りしてしまうなどです。
このような症状がある場合は、きちんと医師に伝えるようにしましょう。

自律神経失調症の原因は?なぜなるの?



■その他の関連記事 Pick up!



 ← 自律神経失調症のいろいろ に戻る



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional